ヘリノックスのチェアワンの類似品ってどれが良いの?2種類買ったのでレビューします!!

僕は今までキャンプではこんな感じのチェアを使っていました。

座りごこちは悪くなく、ドリンクを置くポケットも付いていて使いやすいです。

しかし、昨今はコンパクトチェアが流行っています。

コンパクトチェアとは、こんな感じのやつですね。

中でもヘリノックスのチェアワンはフェスに行ったり、登山やキャンプをする人に大人気ですよね。

なぜそんなに人気があるのでしょうか?

チェアワンの魅力をざっと上げてみると、

  • 軽くてコンパクトなので持ち運びが楽。
  • 安定性があって座りごごちが良い。
  • 安心の人気ブランドであること。

ではないでしょうか?

僕はチェアワンは持っていませんが、友達が持っているのでキャンプの時に何回か座らせてもらったことがありますが、『めっちゃいい!!』です。

もちろん値段なりの良いチェアだと思います。

しかし、チェアに1万円以上かけるのはちょっと迷ってしまいますよね。

特に、これからキャンプを始める人にとっては道具を一式揃えるのにお金がかかってしまうので、最初にお金をかけるところはチェアではないと思います。

幸い今は数多くの安価なチェアワン風の類似品がネットや実店舗でも売っています。

でも、それって性能的に大丈夫なんでしょうか?

安かろう悪かろうではないのか?

そこでこの記事では、安価なチェアワンの類似品を実際に2種類購入してみて、使ってみた感想を書きたいと思います。

結論から言うと『チェアワンもどき』でも十分満足できることが分かりました。

この記事を読んでほしいのはこんな人

  • 人気のチェアワンが欲しいけど、椅子に1万円以上は出せないと思っているソロキャンパーの人。
  • これからキャンプを始めるために道具を揃えているが、椅子に1万円以上は出せないと思っている初心者キャンパーの人。
  • 椅子に【1万円以上x家族分】なんてかけたくないファミリーキャンパーの人。

この記事を読むことで分かること

安価なチェアワンの類似品の中でおすすめのものが分かる。

今回購入したヘリノックスのチェアワン類似品2種類

ネットで売られているチェアワン類似品は数多くあります。本来は全部を買って試したいところですが、莫大な金額になってしまうため今回はネットで売れ筋商品の中から2種類を選んで試してみました。

  • デザートフォックス(DesertFox)のコンパクトチェア(ローバックタイプ)
  • フィールドア(FIELDOOR)のポータブルチェア(ローバックタイプ)

スペックをまとめてみた

比較

収納時サイズ、重量、フレームの材質

収納時サイズ、重量、フレームの材質についてはデザートフォックス、フィールドアともに同じと思って良いと思います。
収納時はとてもコンパクトで、重量も1㎏程度なので持ち運びにとても便利です。

使用時のサイズ感、安定感、耐荷重

座面の高さをそれぞれ測定してみると、デザートフォックスが約33cm,フィールドアが約37cmでした。

(座面高さは画像の矢印位置での測定なので、角度がある分、お尻のハマる部分はもう少し低くなります。)

実際に座ってみるとそれぞれで高さが違うので、座った感覚に差がありますが、どちらも座りにくいことはありません。

そのあたりは、体格によっても違ってくると思います。

幅については、お尻のハマる部分が、デザートフォックスのほうがやや窮屈で、フィールドアのほうが余裕がありました。

なので、座面高さや幅からして大柄な男性であれば断然フィールドアの方が良いと思います。

とはいえ、気になるのが耐荷重です。

耐荷重はフィールドアの方は100㎏なのでそこは考慮しておかなければいけません。

ただ、比較してみるとフィールドアの方が安定感があるのは間違いありません。

これは、フィールドアの方が脚の部分の径が太いことと、横につないでいるジョイントポールが2本あるからではないかと思います。

デザートフォックスの方は1本なので座った状態で少し体を動かすとグラグラして安定性があまりないです。

また、デザートフォックスの方はこんな感じで、

背もたれに目いっぱいもたれかかると前足が浮いてしまいますが、フィールドアの方は大丈夫でした。

価格

価格は、両方ともAmazonで購入してデザートフォックスの方は税込2699円で、フィールドアの方は税込4730円と約2000円の価格差はあります。しかし、本家ヘリノックスのチェアワンを買うと思えば半額以下で手に入ります。

組み立て、収納時に感じたこと

組み立て時

組み立て方や収納の方法は2種類とも全く同じで、フレーム部分はテントのポールのように中にゴムが入っていてバラバラにならず誰でも簡単に組み立てができる構造なんですが、デザートフォックスの方は組み立て時にポールを入れる部分のポケットが小さく硬いため少し入れにくいです。

その為、ポールを入れる前に少し指で広げておくと入れやすいです。

収納時(折りたたみ時)

ポールを折りたたんで、そこに椅子の布部分を巻き付けると簡単に収納できるわけですが、フィールドアの方は真ん中のジョイントポールが2本あるので折りたたんだ際に少し大きいです。

なので、収納ケースにうまく入らず悪戦苦闘していましたが、真ん中の2本のポールをジョイントから外さずに入れたら簡単に入りました。

まとめ

今回はヘリノックスのチェアワンの類似品2種類を購入して実際にキャンプで使ってみました。

その結果、類似品でも十分満足できることが分かりました。

デザートフォックス、フィールドア共に座り心地は良く、コンパクトに収納できるし、組み立てや収納は簡単なのでコストパフォーマンスは非常に高いと思いました。

まだ、1回しか使ってないので耐久性がどうなのかは何とも言えませんが、どちらかと言うとフィールドアの方が安定性があって丈夫で長持ちしそうな感じがするので、僕的におすすめなのはフィールドアのポータブルチェアです。

あとは、デザートフォックスもフィールドアも様々な色や柄のものがありますので、デザインで選ぶのも有りだと思います。

複数人でのキャンプの時には自分のチェアが一目で分かりますので。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です