真夏のキャンプ!!!メスティンで冷え冷えの牛乳寒天を作ってみた!

このあいだキャンプの時にメスティンで牛乳寒天を作ってみました。

冷たい牛乳寒天は口あたりが良くほんのり甘くて、設営などで疲れた体が癒されて、いくらでも食べられそうです。

実際に家で作ったことがある人や、子供の頃にお母さんに作ってもらって食べた人も多いかもしれません。

しかしキャンプの時に作るとなると、家で作るのとかってが違うし、早めに作っておいて冷やしておかなければならないので作るタイミングも大事です。

この記事では先日のキャンプで牛乳寒天を作った時に使用した材料や道具、作る手順を写真とあわせて紹介していきます。

もしキャンプで牛乳寒天を作りたいと思っている人は是非、最後まで読んでくださいね。

牛乳寒天の材料

  • 水:200cc
  • 粉末寒天(粉末):4g
  • 砂糖:6g
  • 牛乳:300cc
  • フルーツミックス:1カップ

使った道具

  • メスティン(普通サイズ)
  • シングルバーナー
  • シェラカップ

メスティンでの牛乳寒天の作り方

メスティンに水200ccと粉末寒天4gを入れて中火にかけて混ぜながら、溶かしていく。

沸騰したら弱火にして寒天が溶けるまで混ぜる。



寒天が溶けたら、砂糖6gを入れて、さらに混ぜる。

砂糖が溶けたら火からおろす

シェラカップに牛乳を入れて少し加熱する。
※冷えたままの牛乳を入れると混ざりにくいので、常温程度にする目的で少しだけ加熱。
(ちなみに僕が持っているシェラカップが200ccなので、200ccと100ccに分けて加熱した。)

メスティンの中に牛乳300ccとフルーツミックスを入れて混ぜる。

メスティンにフタをして、上下を保冷剤で挟んで保冷バッグに入れて2時間くらい冷やす。
まだ余熱がある状態だったので、他の食材と一緒にクーラーボックスに入れたくなかったので、小さめな保冷バッグにメスティンと保冷剤だけを入れました。

出来上がり!!

出来上がり!!
メスティンから取り出す時に少々くずれてしまったので真ん中の写真は切り取って編集してあります。(笑)
しかし、冷えてるしサッパリしていて美味しかったです。

まとめ

今回はキャンプで初めて牛乳寒天を作ってみました。

(ちなみにスティックシュガーを使ったのは特に意味はなくて、ただ家から砂糖を持って行くのを忘れたので・・・)(笑)

キャンプで作るのと、家庭で作るのではかってが違って少々戸惑ってしまいます。

しかし、必要な材料と道具を準備していけば、作り方じたいは簡単なので15~20分もあれば仕込みは完了しました。

今回は断面の写真を撮りたかったので、メスティンからわざわざ出して切りましたが、取り出す際に少し苦労しました。

べつにスプーンですくってお皿に盛り付けたり、メスティンのままスプーンで食べれば大丈夫です。

ていうか、たぶんメスティンのままスプーンで食べたらさらに美味しいはず!!

みなさんも良かったらキャンプの時に作ってみてください。

設営が終わってすぐに仕込んでおけば、夕食の時のデザートとして食べられますよね。

メスティンをこれから購入しようと思っている人はこちらの記事もお読みください。
👇👇👇
山善のメスティン(MESS-1)を使ってみた感想!【シーズニングから炊飯までの流れ!!】

メスティンでのほったらかし炊飯でオムライスを作りたい人はこちらの記事をご覧ください。
👇👇👇
メスティンでのほったらかし炊飯で作ったオムライスは簡単なのに旨い!!キャンプでの作り方を紹介!!

牛乳寒天よりも大人っぽいコーヒー寒天が好みな人はこちらの記事を読んでください。
👇👇👇
キャンプの時にメスティンでデザートを作るなら寒天がおすすめ!!簡単に作れます!【コーヒー寒天編】

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です