タープの種類~設営手順

タープの種類について

夏の日差しや、雨から守ってくれるのがタープです。
広々として快適なリビングスペースを作るのには欠かせません。
ではどんなタープがあるのか見ていきましょう。

ヘキサタープ

ヘキサタープはアレンジが自在です。
天幕が六角形の形をしています。
基本は上記のような張り方ですが、サイドにポールを2本追加すれば
広々としたスペースを作ることができます。
片側のサイドを下げれば風よけにもなります。
設営も簡単です。(最初は手こずるかも)
少人数ならこれで充分です。
慣れれば一人でも設営できますが、最初は二人のほうが確実です。


コールマン(Coleman) タープ ヘキサライト2 2000028618

レクタタープ(スクエアタープ)

レクタタープは一般的には6本のポールで自立させます。
広い空間を確保できますので大人数の時にはおすすめです。
(もちろん大きさにもよりますが…)
ヘキサタープ同様、2本のポールで立てることも可能ですので、
こちらもいろいろアレンジした張り方が可能です。
ヘキサとの違いは形が四角形だとゆうことです。
6本のポールを使うことで広いスペースが出来上がります。


コールマン(Coleman) タープ スクエアタープDX 2000028617

スクリーンタープ

スクリーンタープは四方がメッシュ構造で囲われているため、
虫の侵入が軽減できます。虫嫌いにはおすすめ。
フルクローズできるタイプなら、ちょっとしたプライベート空間ができます。
この中にインナーテントだけを入れて寝ることもできますし、
真夏ならこの中でコットだけで寝る方もいます。


コールマン Coleman キャンプ タフスクリーンタープ/400 2000031577

ワンタッチタープ

ワンタッチタープはその名の通り設営が非常に簡単で、ホームセンターなどでも
安く売っています。バーベキューや運動会でも良くみかけますが、スチール製のフレームのものは
非常に重たいです。持ち運びには苦労します。
大きさは2m~4mくらいまであるので人数によって選べるのが良いと思います。


コールマン ワンタッチタープテント 2.7m インスタントバイザーシェード/M 2000031578 coleman

まとめ

タープの種類はさまざまありますが、とりあえずソロや2~3人くらいなら、
小さめヘキサタープで十分だと思います。
家族キャンプなら少し大きめなレクタタープが良いと思います。
あまり安いタープを買うとポールが細くて使い物にならない場合がありますので、
出来れば有名メーカーのものをおすすめします。
個人的にはヘキサタープが一番かっこいいので好きです。
ヘキサタープやレクタタープはどれでも基本的な張り方は同じです。
タープの設営手順についてはこの動画を参考にするとイメージがわきます。


Follow me!