テントの選び方~設営手順

テントの種類について

テントの種類としては、ドームテント、ツールームテント、ワンポールテントなどが
あります。また、ワンタッチテントもあります。
結論から言うと、初めてテントを買う初心者の方にはドームテントがおすすめです。

ドームテント

メリット

  • 設営が簡単。(一人でもできる)
  • 風に強い。(天井が低めで風を受けにくい)
  • コンパクトに収納できるのでツーリングキャンプにもおすすめ。
  • 価格が手ごろ。(1万円以下のものもある)

デメリット

  • リビングスペースの日よけ、雨対策の為にタープも欲しくなる。

とりあえず最初のテントとしてはドームテントが無難でしょう。
ソロならキャノピーを立てれば充分リビングスペースを作れます。
選ぶポイントとしては、耐水圧1500mm以上のもので前室付きが良いです。
テントの使用人数より1人分は余裕をもつほうが良いです。
(2人で使用するなら、2~3人用)

ツールームテント

メリット

  • テント内にリビングスペースがあるためプライベート空間ができる。
  • 雨でも道具が濡れない。
  • テントと別にタープを張る必要なし。
  • 虫の侵入を軽減できる。
  • 寒さが軽減できる。

デメリット

  • 設営が少し手間。
  • メッシュ構造でも夏は暑い。
  • 重量があるため持ち運びが大変。
  • 干すには苦労する。
  • 畳む時、時間がかかる。
  • 大型の為、狭いサイトでは使えない。

ツールームテントは個人的には、プライバシーが守られる安心感があって
好きですが、設営の手間を考えるとキャンプに少し慣れてからのほうが良いかもしれません。
しかし、大人二人以上いれば無理ではないので、ファミリーキャンプの方は最初から
チャレンジするのも有りだと思います。
設営はキャンプに行く前に動画を見ておくと思ったよりすんなりできると思います。
設営はコールマンの場合はYouTubeでコールマンジャパンの公式設営動画がありますので
ご自分のテントの動画を探してみてください。
非常に分かりやすいです。

テントの設営手順

(Coleman タフドーム3025の場合)

(Coleman タフスクリーン2ルームハウスの場合)

テントの畳み方について

テントを片付けるのはチェックアウト当日の朝になります。
チェックアウトまではあまり時間がありませんので、片付け方も
しっかりと説明書を前もって見ておくことが大切です。
また、片付け方の動画もありますのでこちらも出来れば数回みておいて
イメージしておきましょう。

(Coleman タフドーム3025の場合)

(Coleman タフスクリーン2ルームハウスの場合)

まとめ

初めてのテント選びはきっと迷うと思います。
ドームテントやツールームテント等、自分のキャンプスタイルを考えて選ぶように
しましょう。(ソロとかファミリーとか)
ソロならドームテント一択です。
しかしドームテントもいろいろなものがあります。
自分の予算と相談しながら、ネットの口コミを参考にしながら選びましょう。
自分のおすすめは、Colemanのツーリングドームです。


Coleman(コールマン) ツーリングドームLX 170T16450J


【2/5(水)限定5%OFFクーポン発行中】コールマン テント 大型テント ファミリーテント タフスクリーン2ルームハウス 2000031571 アウトドア キャンプ coleman od

Follow me!