これからキャンプを始める初心者におすすめな焚火台3選!コスパとコンパクトさ重視!

焚火はキャンプの醍醐味だと思います。

食事が終わってみんなで焚火を囲むひと時…。

そんな楽しい時間をすごすための焚火台を探してみました。

これからキャンプを初めようとしている人にとって、揃えなければいけない道具はいっぱいあり
ますので、なるべくコスパ重視で検討したいですよね。

それと、キャンプ道具はひと通り揃えると大変な量になってしまいますので、持って行くのが
とても大変です。

なので、

  • お手頃価格で長く使えそうな焚き火台
  • 折りたたんでコンパクトに持ち運べる焚き火台
  • BBQにも使えて便利な焚き火台

ということをテーマに、これからキャンプを始めようとしている初心者の方にお勧めの焚き火台を
選んでみました。

ぜひ参考にしてみてください。

ヘキサステンレスファイヤーグリル(キャプテンスタッグ)

ヘキサステンレスファイヤーグリルはステンレス製なので錆びにくく組み立ても簡単です。

キャリーバック付きなのでコンパクトに収納できます。

Lサイズ(3~4人用)、Mサイズ(2~3人用)がありますので人数に合わせて選んでください。

ダッチオーブンも置けて値段もお手頃なのでおすすめです。

形が六角形ですが、100均やホームセンターなどの正方形や長方形の使い捨ての網でものせることが
できます。

 

ピラミッドグリル(ロゴス)


こちらはXL、L、Mの3種類のラインナップで、人数に合わせて選べて形もかっこいいです。

ゴトクが標準装備されているのでダッチオーブンも置けます。

付属の串焼きプレートを使って、魚の串焼きも楽しめます。

定番の焚き火台なので愛用されている方も多いので、迷ったらおすすめです。

自分はMサイズを持っていますが、2~3人程度なら十分な大きさです。

パックアウェイグリル2(コールマン)

こちらは何といってもコンパクトに持ち運びできるのが特徴で、ソロキャンパーや2~3人での
使用におすすめです。

替え網(Φ28mm)はホームセンターなどでも安く売っていて、もちろん焚火にも使えますのでコスパ、
持ち運び性とも十分です。

自分が初めて買ったのはこのコンロで、選んだ理由は単純に一番コンパクトに畳めるからです。

鉄製なので塗装してあって、焚き火に使うと塗装が剥がれて徐々に錆びが目立ってきますが、3年くらい
は使いました。

まだまだ使えそうですが現在は別の焚き火台を使っています。

ツーリングキャンプなどで、道具を小さくまとめたい人にはお勧めです。

まとめ

これから焚火台を買おうと考えている初心者の方におすすめな焚火台を紹介してみました。

ネットで焚火台を探すと種類が多すぎてどれがいいか迷ってしまいますよね。

ご自分のキャンプスタイルに合わせて選ぶのが一番ですが、とりあえず最初は迷ったら
上記のような定番の焚火台を買っておくのが良いのではないでしょうか。

100均やホームセンターで買った材料で『自作の焚き火台』を作る人もいますので、キャンプに慣れて
きたら自作にもチャレンジしてみるのも楽しいと思います。

デザインや価格を考慮していろいろ検討してみてくださいね。
もっと他の焚火台やキャンプギアを探したい方はこちらで探してみてください。

Follow me!