30代後半~40代の男性が若い彼女を作る時に意識したいこと【現代版!!若い彼女の作り方】

30代後半から40代くらいの独身男性で、20代の彼女が欲しいと思っている人はけっこういるのではないでしょうか?

でも『自分はおじさんだから、相手にしてくれるわけがない...』

と思って諦めていませんか?

でも大丈夫です。

今の時代、ひと回り以上年上の男性でも恋愛対象としている女性は一定数います。

僕のまわりには4年前に15歳年下の女性と結婚した親友や、12歳差の彼女がいる友人もいます。

実際、僕はバツイチの43歳ですが2年前から19歳年下の彼女と付き合っています。(彼女は現在24歳)

しかも、僕が自分で言うのもおこがましいですが、僕の彼女はかなり綺麗でスタイルも抜群です。

彼女は、彼女と同年代のイケメンと付き合っていてもおかしくない女性です。

僕はといえば、フツメンでバツイチのおじさんで身長も低いしお金もそんなに持っていません。

20歳前後のころは少しはモテた時期もありましたが、今ではただのおじさんです。(笑)

先に惚れたのは僕のほうですが、特に恋愛テクニックを駆使して落としたわけではないです。

『年の差のある女性を落とすテクニック』として良く言われているのは、

経済力や包容力を見せつけるだとか、彼女が行ったことのないような高級なレストランに連れていくと良いとか言われていますが、それって今の若い子にはそれほど通用しないのではないかと僕は思います。

もちろんそれらを全て否定するわけではないし、全くそれが無駄だとは思いません。

お金は持っているほうが良いに決まっています。

しかし、どちらかというとそれらのテクニックや要素は今の20代の女性よりも30代や40代の女性を落とすのには有効なテクニックではないかと思います。

この記事を書いている僕は、

43歳でバツイチ(4年前に離婚)

フツメンで身長は低い(162cm)

今までの交際人数8人(多くも少なくもない)

趣味はキャンプ

残念ながら恋愛の専門家ではない

2年前に19歳年下の彼女をゲット!!

この記事では、恋愛の専門家ではない僕が19歳下の彼女を落とした実体験をもとに、

『若い彼女を作るために意識したこと』について書いていきます。

この記事を読むことで、『若い女の子と必ず付き合えるようになります。』

とは言いません。

ですが、『現代の若い女の子を落とすために意識すること』が分かるはずです。

体験談もふまえて書いていきますが、決して『のろけ』ではありません。

ではなぜこの記事を書いているのかというと、

19歳年下の女性と交際しているというと驚かれる場面が多いので、僕としては『それが普通になって欲しい』『年の差恋愛が増えて欲しい』という願いからです。


今の時代は芸能人も含めて『年の差恋愛』『年の差婚』は増えてはいますが、しかしまだまだ世の中的に理解されていない部分もあると思うんです。

もうひとつの理由としては、『若い女性を落とすテクニック』なんかは調べればいくらでも出てきます。

しかし時代は変化しています。

そのテクニックは今の時代にもマッチしているのか?

今の若い女性にも通用するのか?

という疑問があるからです。

古い情報に惑わされていては、落とせるものも落とせなくなってしまいます。

なので、30代後半から40代くらいの男性で『若い彼女が欲しい』とか、『もうすでに狙っている相手がいる』って人はぜひこの記事を最後まで読んで参考にしてもらえたら幸いです。

とはいえ、※既婚者の男性が悪用するのは厳禁ですよ。

先に結論から言うと、

●『アラフォーだけど若いよねっ』て思わせる事!!(5~10歳くらい若く見えるように)

相手に年の差を感じさせないように横から目線で!!

良く笑うこと!!

この3つだけは意識してください。

そんなの難しいやん・・・

って思うかもしれないので、具体的にどーしたらいいのか解説していきますね。

【現代版】若い彼女を作るのに意識したいことは3つだけ

『アラフォーだけど若いよねっ』て思わせる

まずはできるかぎり若作りしましょう。

今風の髪型にする

髪型はイケてる美容室で今風に切ってもらいましょう。

とはいえ派手すぎる髪型に挑戦する必要はないです。

髪型については僕はあまり詳しくないですが、毎日ワックスをつけたらキマるように切ってもらいましょう。

髪色も少し明るくしたほうが良いです。

『髪型と髪色変えたね!!』って、周りに気づいてもらえる程度で少しでも若く見えるようになればOKです。

ちなみに僕は若いころは良く染めていましたが、30歳を超したころから黒髪でずっとすごしていました。

しかし、若い子を落とすには若作りが必要なので茶髪にしました。

ちなみに金髪はさすがにしないほうが良いです。

似合っていれば別ですが・・・

とりあえずホットペッパービューティー などでオシャレな美容院を探してイメチェンしてみましょう。

オシャレで若く見られる服装

服も地味なものより、少しあか抜けているようなものを選んでください。(※とはいえ、40歳の人が10代の若者が着るような服を着なさいってわけではないですよ。)

あくまで、自分を5~10歳くらい若く見せることが目標です

僕の場合、30歳を超えたころからあまり服にこだわらなくなっていました。(当時は結婚していたので、元嫁が買ってきてくれた年相応の服を普通に着ていました。笑)

なので、離婚してからは彼女が欲しいという思いで、モテるために少しオシャレで若作りできそうな服を選ぶようになりました。

とはいえ、そんなに裕福ではないので高い服は買ってないですが・・・。

ちなみに僕が良く買っているのはセマンティックデザインというお店です。

セマンティックデザインはタカキューグループのお店で、お兄系がらカジュアル系まで揃っています。

価格も安いし全国のイオンの中にも店舗があるところが多いので、気軽に行きやすいですし。

店員さんも親切に説明してくれるので僕のようにおしゃれに無頓着な人でも購入しやすいです。

髭は毎日剃る

これは、『若い彼女を作るため』というよりも同年代や年上の彼女を作るときにも言えることです。

無精ひげの人はちゃんと毎日ひげを剃りましょう。

清潔感はとても大切で無精ひげを嫌う女性は多いです。

オシャレで髭を伸ばしているわけではないなら、ちゃんと毎日剃りましょう。

それでも僕はたまに髭を剃り忘れるときがありますが、必ず彼女に『髭剃ってないでしょ?』って怒られます。(笑)

思い返してみると、昔付き合った彼女とか元嫁にもよく言われていました。

中には無精ひげを好む女性もいるかもしれませんが、基本はNGだと思います。


すこし長くなってしまったのでまとめると、

●髪色を明るくする

●髪型を今風に切ってもらう

●オシャレで若く見える服装をする

●無精ひげは剃る

清潔感を保ちつつ、自分の年齢よりも5~10歳若返らせるイメージで頑張ってみてください。

上記のことを意識して実行するだけでおそらく誰でも5~10歳くらいは若く見えます

僕はそうすることで、周りの人たちに『若く見えるねっ』って言われるようになりました。

こーなったらしめたものです。

若い彼女を作るうえでの外見は出来上がりましたね。

外見だけ変えても見透かされちゃうよって思うかもしれませんが、まず若い彼女と同じ位置に立たなければ始まりません。

外見がおじさんではダメです。

たとえば自分から見た『年上の若く見える女性』を思い浮かべてみてください。

きっと魅力的で恋愛対象になりますよね。

相手に年の差を感じさせないように横から目線で

『君は若いから・・・』

『僕はおじさんだから・・・』

『昔はねぇ・・・』

なんて言ってたら若い女性を落とすことはできません。

自分がはるかに年上だということで上から目線で接したら絶対ダメです。

考えてみてください。

自分より上の世代の高圧的に接してくる上司なんてプライベートで絶対仲良くなりたくないですよね。

それを『反面教師』にするとわかりやすいです。

まぁこれから落とそうとしている女性にそんな接し方をしている人はいないと思いますが・・・

大切なのは、上からではなく横からです。

年齢差を感じさせないように意識してください。

そして同年代の女性に接するときと同じように自然に話すようにしましょう。

それには、今の若い世代の情報を勉強しておくことも大切です。

情報はググってもいいし、SNSで検索してもいろいろ勉強できますよね。

まずは狙っている年下の女の子に『同年代の友達と同じように思ってもらうこと』です。

よく笑う

『よく笑う!!』これは僕が今付き合っている彼女にたびたび言われていることです。

意識して良く笑っているわけではないですが、僕は昔から笑いのツボが浅いのかちょっとしたことで笑ってしまうようです。

付き合ってから彼女に聞いた話ですが、僕の良く笑うところは好きになった要因にあるようです。

ヘラヘラすれば良いわけではないですが、意中の彼女といるときは少し笑う回数を増やす意識をしてみるのも良いと思います。

『笑顔が武器になる』のは女性だけではなく男性にもあてはまりそうですね。

たしかに、男でも女でもあまり笑わない人ってツンケンしてるようで近寄りがたいですよね。

反対に良く笑う人は『安心できる』し『この人といると楽しい』と思わせることができます。

若い彼女を作るのに意識したいこと(補足)

『現代の若い女の子を落とすために意識すること』として上記の3つはとても重要ですが、その次に重要だと思うことを補足として書きます。

頼りになるところを見せる

先ほど、同じ目線で接するのが良いと言いましたが、それだけでは年上のメリットが生かせません。

なので同じ目線で接しながらも要所要所で年上ならではの知識や経験を見せてあげるといいと思います。

たとえば彼女が人間関係で悩んでいたら真剣に聞いてあげてください。

(思い返せば、僕も付き合う前はいろいろと彼女の会社での人間関係の悩みなどを連日のように聞いてあげていました。それから電話をする回数が増えていきました。)

そしてアドバイスだけでなく自分に手助けできる部分はしてあげてください。

頼りになるところをみせていくとだんだん彼女はあなたに依存してくれます。

【焦らない】のが重要!!そのためには・・・

これは年下彼女を落とすためだけに限らず、女性を落とすためには『焦りは禁物』です。

1人の女性を好きになりすぎてしまうと余裕がなくなってしまい、それは彼女にも確実に伝わります。

たとえば、こちらからのLINEを既読スルーされているのに何度もメッセージを送ってしまう男性は注意が必要です。

余裕をもつためには、同時進行で2人以上の女性にアプローチをかけるのが良いと思います。

付き合う前であれば、二股ではないですから・・・

そのためには、若い女性との出会いを積極的に増やしましょう。

僕の場合は社内恋愛で、幸運なことに会社に若い女の子が多かったということもあります。

しかし、ある程度は積極的にこちらから話にいかなければ高環境は生かせません。

社内恋愛を狙っている人は、会社の飲み会などに積極的に参加し、そこで積極的に女の子と話しましょう。

会社に若い女性が少ないという人は、合コンや街コンなどに参加すると良いと思います。

写真を好きになる

若い女性は写真を撮るのが大好きです。

今はスマホで簡単に写真を撮れますし、撮った写真をSNSにアップする人も多いですよね。

ところが僕を含め30代後半~40代くらいの人はそこまで写真に執着心はないのではないでしょうか?(全員にあてはまるわけではないと思いますが・・・)

僕なんかもSNSはやっていますが、風景とか物の写真くらいしかアップしません。(笑)

しかし若い女性はインスタやツイッターなどで自分と友達が一緒に写った写真をあげている人も多いです。

ちょっとした食事の場でも若い女性が複数人いるとスマホで写真を撮っている場面を良く見かけますよね。

若い女性は基本、写真を撮るのが好きなので、一緒に食事に行ったり遊びに行ったときに写真を拒んではダメです。

僕も最初ははっきりいって写真を撮られるのは苦手なほうでしたが、そこは頑張ってポーズを撮ったりしてなるべく楽しむようにしました。

一緒に食事に行けるような仲であれば、あなたから『一緒に写真を撮ろう』って言ってもぜんぜん不自然ではないので、誘ってみても良いと思います。

自分から誘わなかったとしても最低限、相手が『一緒に写真を撮ろう』って言ってきたときには絶対に嫌な顔はせず、『渾身の笑顔』で撮るようにしてくださいね。

必殺技はこれ

心理学なんかで良く言われているような、『パーソナルスペース』がどうとか、彼女のどちら側から話しかけるとかはいっさい言いませんが、ひとつだけ僕が思う『一撃必殺技』があります。

それは、『目と目を合わせて同じタイミングで笑うこと』です。

『あうんの呼吸』で笑う感じですね。

これは彼女を含めて3人以上いる中で実行すると良いと思いますが、なんか面白い出来事が起きたときに大笑いするのではなくて、瞬間的に彼女と目を合わせて『クスクスっ』て笑うんです。

声は出さないですよ。

第3者にバレるかバレない程度に笑うんです。

彼女を含めて3人くらいで一緒にいる時に、3人目の人が少々お茶目なミスをしたり、意外に子供っぽい発言をした時なんかに目当ての女性と目を合わせると『あうんの呼吸』で笑うことができます。

こうすることで彼女との距離がグッと近づくと思います。

ただし、笑われた相手が傷つくような内容の場合には使ってはだめですよ。

【若い彼女の作り方】まとめ

『現代の若い女の子を落とすために意識すること』というテーマで実体験をもとに書いてきました。

僕は心理学者でもないし恋愛マスターでもありませんが、確実に思うのは僕たち世代(30代後半から40代くらい)と、今の20代前半の人達との考え方は変わってきているということです。

これはなにも恋愛観だけではありません。

会社で若い子たちと一緒に仕事をしていると考え方の違いに気づくことありませんか?(それが良いとか悪いとかではなく・・・)

時代は変化しているので当然のことです。

なので、『若い女性を落とすテクニック』なんかも時代とともに変化させていくべきです。

●『アラフォーだけど若いよねっ』て思わせる事!!(5~10歳くらい若く見えるように)

相手に年の差を感じさせないように横から目線で!!

良く笑うこと!!

上記で紹介した方法は僕の実体験をもとに書いていますが、人間も千差万別でいろいろな人がいてそれぞれ性格も違うので現代の若い女性全員にあてはまる方法ではないと思いますが、仮に自分のターゲットに対して有効ではなかったとしても他の年下女性には好かれることもあると思います。

なので若い彼女を作りたいと思ったら、上記で書いたことを意識してみてください。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です