25年間タバコを吸ってきた僕が禁煙した理由と方法!強い意志があれば禁煙は成功する!!

2020年10月1日より、タバコがまた増税されましたね。

1年前に値上がりして500円を超えてしまったばかりなのに・・・

今の時代、喫煙者は非常に肩身が狭いというか、どこに行っても堂々と喫煙できるスペースなんかないですよね。

『やめよう、今度こそやめよう。』

と思ってもなかなかきっかけがないとやめられませんよね。

しかしこのたび、晴れて僕も25年吸ってきたタバコをやめることができました。

まだやめて2週間なので偉そうなことは言えませんが、この先はもう吸わない自信はあります。

ではどのようにして禁煙したのか?

この記事では『僕が禁煙した理由と方法』を紹介しますので、

もしタバコをやめようと本気で思っているけどやめられないって方はこの記事を最後まで読んでください。

禁煙する理由

健康のため

僕が約25年吸ってきたタバコをなぜやめようと思ったのかというと、一番は健康のためです。

このところ年に1度の健康診断では『ひっかかりまくり』です。

『タバコは百害あって一利なし!!』こんなことは昔から言われていましたが、実際に自分が中年になって健康診断の結果を見るまでは他人事のように思っていました。

周りにいるおじさんたちはどんどん禁煙していきますが、自分は若いからまだいいやって感じで...

しかし僕もすでに40代の半ばになって、真剣に健康のことを考えないといけなくなりました。

値段が上がりすぎ!!

もう一つは上がり続けるタバコの値段です。

たしか僕が吸い始めたころは1箱あたり220円くらいだったと思います。

500円あれば2個買えておつりがきたんですね。

それが年々価格が上がり続けて2020年10月1日現在、僕が吸っている加熱式煙草も1箱550円になりました。

だいたい1日1箱ペースだったので、1か月で550円x30日=16,500円!!

ちなみに1年だと16,500x12か月=198,000円!!

年間約20万円ですよ!!

高すぎる!!(笑)

肩身がせまい

年々喫煙所がなくなってきていて、2020年4月からは飲食店でも吸えないところがほとんどになってしまいました。

会社でも数年前までは冷暖房完備の喫煙所がありましたが、今では屋外で夏は暑いし冬は寒い・・・

そんな思いをしてまでも、体に悪影響を及ぼす可能性があるタバコを吸うのはやめようと思ったわけです。

禁煙に成功した方法

僕は2年くらい前から加熱式タバコに変えました。

最初のうちは加熱式タバコだけでは物足りなくて、紙巻タバコと併用していましたが、だんだん加熱式になれていくにつれて、紙巻タバコの臭いがキツイなぁと思えるようになり、加熱式だけにすることができました。

その状態から、今回たばこをやめることに成功したわけですが、何もせずにやめるられるほど意志が強くないので、禁煙補助のためにいくつかの物を用意しました。

とはいっても特別な物は用意していません。

僕が禁煙するために用意した物とは、

  • ミンティア
  • ビタミン系の電子タバコ
  • 今まで吸っていた加熱式たばこ1箱

ミンティア

昔から禁煙している人はミンティアとかフリスクを持っているイメージがあったので買いました。

禁煙していると定期的に吸いたくなる時っていうか、口が寂しくなるときがあります。

例えば僕の場合は食後とか、仕事で疲れてきた時ですね。

そういう時にミンティアを2粒くらい食べて吸いたい気持ちを抑えました。

ビタミン系の電子タバコ

これはドンキとかで売っている500円くらいで500吸いくらいできる使い捨てのやつです。

僕の仕事は製造業で、2時間に1回の小休憩があるのですが、その時に吸いたくなるんです。

今までは体を休めるというより、2時間に1回タバコを吸うために休憩していたようなものなので、タバコを吸わなくなると途端に休憩中に何をしたらいいか分からないのです。スマホをいじるにしてもタバコを吸いながらでないとなんか落ち着かない・・・

なのでせめて吸っている感を味わえるように買いました。

別にこれでなくても良いのですが、しっかりとしたベープなどの電子タバコはそれなりの値段もするし、電子タバコはあくまで完全に禁煙できるまでの補助としてなので、長くても2~3週間しか使わないつもりだったからです。

今まで吸っていた加熱式たばこ1箱

タバコを吸っている人あるあるだと思うのですが、朝出かける時に家にタバコを忘れたり、手持ちのタバコが一時的に切れた時ってものすごく不安になると思います。

なので、新品を1箱買ってとりあえず持っていることで安心できるし、どうしても1本吸いたいって時には吸うようにしました。

でもなるべく我慢して、その1箱が終わる前には完全にやめると決めていました。

晴れて禁煙に成功

タバコをやめようと決意して上記のような禁煙補助対策をして約2週間がたち、今では電子タバコもミンティアもなくても大丈夫になりました。

もちろんちょっとした反動でまた吸ってしまえばもとに戻ってしまうかもしれません。

しかし、25年間1度も禁煙することがなかった自分がもう2週間以上も吸っていません。

これは大きな自信となったことは言うまでもありません。

まとめ

今回自分が禁煙に成功して思ったことは、『禁煙する強い気持ち』さえあれば意外とあっさりやめれるんだという事です。

逆に言うと、『禁煙する強い気持ち』がなければなかなかやめることはできないと思います。

結婚を機にタバコをやめたり、子供ができてタバコをやめたりって人はそれが『きっかけ』となり、『禁煙する強い気持ち』が生まれるのでやめられるのだと思います。

僕の場合は健康診断でひっかかったり、値段が上がって月々のタバコにかかる出費を改めて考えたことがきっかけとなってやめることができたのだと思います。

この記事が、本当に心から『タバコをやめたい』って思っている人の少しでも参考になればうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です