台風で突然の停電!?そんな時に使えるキャンプ道具について考えてみた!

8月~9月って台風が多い季節ですよね。

キャンプの予定を立てていたのに台風が接近している予報を聞いて泣く泣くキャンセルしたなんて経験はキャンパーの人ならあるはずです。

さすがに台風が来ていたらキャンプに行ったら危険だし、現地で苦労することは目に見えていますからね。

そんな台風での被害の一つに『停電』があります。

僕の住んでいる地域でも2年くらい前に、台風の影響で大規模な停電があって、その時は、まる2日くらい復旧しませんでした。
ほとんどのコンビニは停電のため臨時休業していたし、営業しているコンビニでも、食べ物はほとんど売り切れていました。

そんな経験は40年以上生きてきて初めてで、まさかそんな状況になるなんて予想もしていなかったので何も備えてはいませんでした。

その当時、僕は既に趣味でキャンプをしていたので、停電時に使える道具はいろいろ持っていたのですが、そこまで気が回らなかったので何一つ役立てていませんでした。
あとあと考えるとあの時、あのキャンプ道具を使えば良かったと少し後悔しました。

そして今、非常に強い台風10号が接近しているということで、停電した場合に使えるキャンプ道具について考えて、書き出してみました。

キャンプをされていて道具をいろいろ持っている人は前もって準備をしておくことで突然の停電にも備えられると思います。

停電時に役立つであろうキャンプ道具

LEDランタン

停電でまず最初に困るのは灯りですよね
昼間停電してすぐに復旧すればいいですけど、夜だと灯りがないと何も行動できません。
もちろん懐中電灯やロウソクも役立ちますが、部屋全体を照らすならLEDランタンの方が明るいですよね。

万が一、批難しなければならない時も準備するには灯りが必要です。

なので持っているならランタンは準備しとくべき最重要な道具だと思います。

もちろん、電池式なら電池の用意は忘れないようにしないといけませんし、充電式なら充電はしておくようにしましょう。

しかし、停電が長引くと電池はいずれ切れてしまいます。

そうした時に便利なのが、手巻きで充電できるランタンです。

ロゴスのクランクチャージランタンなら、USB充電手巻き充電どちらも可能なので、もしも停電が長引いて充電が切れてしまっても手回しによって充電できるので安心です。
しかも、スマホの充電にも使えるので便利ですね。

シングルバーナー

停電でもガスコンロは使えますが、最近流行りのオール電化住宅の場合は停電によってコンロが使えなくなってしまいます。

そうすると調理は当然ですが、お湯を沸かすことすらできないという危機的な状況になります。
そんな時に、キャンプで普段使っているシングルバーナーやカセットコンロがあればとりあえず調理ができますよね。

お湯さえ沸かすことができれば、カップ麺やレトルトご飯、レトルトカレーくらいなら簡単に作れます。

メスティンなどのクッカー

別に、アウトドア用のクッカーじゃなくても家にある鍋でも良いですが、非常事態に少しでも楽にご飯を炊くならメスティンと固形燃料で自動炊飯をするのが楽だと思います。

家にレトルトご飯があるとは限りませんし。
もし持っているなら、メスティンなどのクッカーで炊けば米と水だけあればおいしいご飯ができちゃいますよね。

特にご飯派の人は、メスティンとポケットストーブを用意しておくと安心です。


保冷剤を凍らせておく

停電でもうひとつ厄介なのは、冷蔵庫の電源が切れてしまうことです。
長い間停電していると、中の食材が痛んでしまって食べられなくなってしまいますよね。

僕はそんな時の為に、キャンプで持っていく保冷剤は使わないときも常に冷凍庫に入れていて、停電になったら、冷凍庫に入っている保冷剤の半分を冷蔵庫に移動するようにしています。
全部を冷蔵庫に移してしまうと、冷凍庫の中の温度が保てなくなってしまうので...

今のところ2年前以来、大規模停電がないので、(ないに越したことはありませんが・・・)
効果の程は分かりませんが、確実に冷蔵庫内の温度の上昇を遅らせることはできると思います。

サーキュレーター

台風の時期は季節的にまだまだ暑いです。
停電でエアコンが使えなくなるので暑くて眠れなかったり、熱中症のリスクも高くなってしまいます。

そんな中、キャンプで使っている充電式のサーキュレーターや扇風機があればなんとか凌げるのではないでしょうか。
もちろん、充電は満タンにしておかないといけませんが...

まとめ

停電は台風の時だけでなく、落雷などでも起こります。
自分も含め、キャンプを趣味にしている人達はある程度の防災グッズを持っているので心強いですが、停電は突然きますので、いつ停電になっても落ち着いて対応できるように停電時に使える道具はすぐに取り出せる場所に置いといた方が良さそうですね。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です