全くストレスなくできる節約術で毎月1万円貯金が増える!老後の不安は軽減!?

『働き方改革』によって残業時間が減って収入がダウンしてしまっている人は多いのでは
ないでしょうか?


それに加えてコロナ禍によって仕事量が減り、さらなる残業規制なんかもあって稼げなく
なってしまっていませんか?

僕もその1人ですが、自分の場合は今はまだ生活に困るほどのレベルではありません。

しかし、老後のことを考えると年金だけでは暮らせないって言いますよね。

なので、ある程度の資産は蓄えておかないと将来が心配です。

副業ブームだと言いますが、本業で1日働いて疲れて帰ってきた後に副業なんかできますか?

中には副業で成功されている人もいるようですが、なかなか厳しいですよね。

いろいろ考えているうちに、最近あることに気づいたんです。

『そうだ!!節約をしたらいいんだ!!』

ってゆうか、そんなこと今さら気づくことでもなくて、誰でも分かっていることだと思いま
すが...(笑)...(僕は最近気づいた...)(‘◇’)ゞ

そうです!!今さらながら、節約の重要性に気づいたんです!!

節約したら、稼いだことと同じことになるんですよね。しかも税金かからないし。

もし毎月1万円の節約ができたら、1万円稼いだのと同じことですよね。

毎月1万円節約して貯めていったら1年で12万円、20年で240万円!

240万円あったら、もし収入がゼロになっても1年はなんとかなると思います。
(家族構成や生活環境にもよりますが・・・)

『でも節約っていろいろ我慢しないといけないし...。』

『今の生活レベルを落とすなんてストレスが溜まりそう...。』

なんて思ってしまいますよね。

僕も最初はそう考えていました。

しかし、そんなに我慢してストレス溜めなくても節約はできるんですよ!!

その方法をご紹介します。

この記事を読んでほしいのはこんな人

  • 働き方改革やコロナ禍によって収入が減ってきている人。
  • 副業したいけど、本業と両立する自信がない。めんどう。
  • 老後が不安なので少しでも資産を作りたい。
  • 節約したいけど、我慢したくはない。

ストレスなくできる節約術

無理なくできる『節約術』!!

それは、毎月の固定費を抑えることです。

以下に、僕が無理なく毎月の固定費を抑えた方法をご紹介します。

全てを取り入れる必要はありませんが、あなたも可能なものだけでも取り入れてみては
いかがしょうか?

散髪費を抑える

あなたは髪を切る周期はどれくらいですか?

僕は月1ペースで美容院に行っています。

美容院ってお店によって値段は違いますが、今まで行っていたお店はカット代が4000円
くらいでした。

でも今は、カット代980円のお店にしたので、

4,000円-980円=3,020円
1か月あたり差額3020円がこれで節約できました。


はっきりいって僕の場合4000円の美容院でも980円の美容院でも仕上がり具合は同じって
ことに最近気づきました。(笑)

特殊なカットをするわけでなければ、じゅうぶんです。

しいてデメリットを言ってしまえば、僕が行っている980円の美容院はシャンプーはして
くれないという事くらいです。

まぁそんなの家で自分で洗えばいいし。

何より早いし!!

散髪をする周期を2か月に1回にするという手もありますが、やはり月1回、安い美容院で切って
もらえば十分身だしなみはキープできると思います。

『安かろう悪かろう』ではないです。ちゃんと安い美容院でも綺麗に切ってくれますよ。

注意したいのは、どんな風に切ってもらうのかは明確にしといた方がいいです。

安い美容院はスピード勝負ですから、最初にちゃんと注文しておかないと。

例えば...

美容師:『どのようにしますか?』

僕:『2cmくらい切ってください。』
  『サイドは6mmのツーブロック。』
  『前髪は眉毛くらい。』
  『トップはワックス付けたときに立ち上がるようにしたい。』

僕は毎回こんな風に言っています。
そうすることで、違う美容師さんでも仕上がり具合はだいたい同じです。

格安スマホに乗り換える

今までは某大手キャリアに加入していて、スマホ代は月額9000円(端末分割料金込みで)くらい
かかっていました。

しかし最近、格安スマホに乗り換えたことによって月額4798円(端末分割料金込み)に抑える
ことができました。
(プランとかを見直せば、もっと安くできるかもしれませんが・・・)

これによって、9,000円-4798円=4,202円
1か月あたり差額4,202円の節約ができました。

はっきり言って、大手キャリアでも格安スマホでも使い勝手はそんなに変わりませんので、ストレス
はないです。
若い人はこだわりがあるかもしれませんが...。

Yモバイルでは2020年8月27日より、iPhone SE(第2世代)64GBが公式オンラインストアで販売
スタートします。

公式オンラインストアなら送料と事務手数料(3,300円)が無料なのでお得に購入できます。

自動車保険をネット型保険にする

僕は、自動車保険を今までずっとネットではない某保険会社で加入していたのですが最近、ネット型に
変えました。

自動車保険をネット型に変えるきっかけになったのは、車を新しく買い替えた時に【型式別料率クラス】
や車両保険の補償額が上がったことによって、今までの保険料よりかなり上がってしまったからです。

それは仕方ないことだと思いましたが、見積額を車を買い替える前と比べてびっくり!!年間で9万円
くらいになってしまいました。
約3.5万円もアップしてしまったんです。

『そんなに払いたくない...』

『でも保証内容は落としたくない。』

そう思いました。

それで、ネット型保険って安いってことを良く耳にするので、半信半疑でネット保険を複数社の一括見積
とり、同等の補償内容で一番条件が良い保険会社に変えました。

それによって、年間の自動車保険料を4万6千円くらいに抑えることができました。(約半額になったのはびっくり!!)

今までの自動車保険のままだと⇒年間90,000円なので1か月あたりに換算すると、7,500円
ネット型に乗り換えて⇒年間46,000円になったので1か月あたりに換算すると、3,833円
(7,500-3,833=3,667円)
1か月あたり、差額3,667円もの節約となりました。


自分が加入したのはソニー損保なんですが、ネットでの新規申し込み割引などの各種割引があり、
ロードサービスも付いていて、走行距離によっても保険料が安くできるのでおすすめです。

しかし、ネット型自動車保険は数多くありますので複数社の見積もりをとって最良な条件の保険会社
を選ぶことをおすすめします。
複数社の見積もりをとるには【無料一括見積り】が非常に便利です。
無料一括見積はこちら 保険の窓口インズウェブ

1か月あたりの1万円節約=毎月1万円貯金が増える

3,020円(散髪費)+4,202円(スマホ月額料金)+3,667円(自動車保険)=10,889円

まとめ

今まで何も考えず払っていた『毎月の固定費』ですが、見直したら1か月あたり10,000円以上
減らすことができました。

過去のことを言っても仕方ないですが、もっと早く気づけばよかったなぁと思います。

もちろん、副業すればもっと稼げるのかもしれません。

しかし、『副業と本業を両立させる自信がない。でも老後のお金が心配。』
っていう人は、
このように、なんの苦労もせずに毎月10,000円を浮かせてみてはいかがでしょうか?

毎月10,000円浮けば、銀行に貯金するとか、少しリスクはありますが投資に回すこともできますよね。

この他にも僕の場合は、タバコをやめるとか、晩酌をやめることによってまだまだ毎月の出費を減らす
ことができそうですが、それは追々やっていこうと思っています。

とりあえず今回は全くストレスなく節約できる方法を紹介してみました。

良かったら参考にしてみてくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です