離婚の引き金

妻からのLineの内容は

『明日から兄(妻の兄)が帰ってくるから、あんたの寝るところがないから
しばらくそっち(僕の実家)に泊まってそこから仕事に行ってくれ』とゆう内容のものでした。
兄が泊まるために一部屋空けるのでそこにある荷物を僕たちの部屋に置くことになるので寝るとこが
ないよとゆう意味です。

頭にきたので無視してそのまま自宅に帰ったところ・・・
僕のいつも寝てる場所にいっぱい物が置いてあってほんとに寝るスペースがありませんでした。
もう少し整理して置いたり分散させて他の場所に置けばなんとかなったのではないかと思いました。

これにはさすがに僕もキレてしまい、
『もう出ていくわ・・・』
と言って最小限の荷物だけ持って一人で出ていきました。
行くところはないので結局実家に戻りました。

実家に戻って1か月くらいがたち、さすがに妻の兄も帰ったはずなのに向こうからは
なんの連絡もなく、僕も戻る気はなかったのでそのままにしておきました。

そうです。すでに別居が始まっていました。

しかし僕の給料口座のカードは妻が持っていたのでこちらには全くお金が入ってきませんでした。
なので僕は給料振り込み口座を別の口座に変更し自分のところに入るようにしましたが、
妻のほうに毎月20万づづ振り込むかたちにしました。子供に負担をかけたくなかったからです。

毎月20万を振り込むと僕の給料では残りはしれていましたが実家に頭を下げてタダで生活させて
もらってました。
そして別居して2か月たったころ妻から連絡がありました。
季節は秋から冬になるころ、
『あんた、冬物の服が欲しいと思うから取りにきて』
と言われたので休日に取りにいくと、そこには
冬物の服どころか僕の荷物すべてが用意されていました。
なんとなく向こうの考えも分かったので車にいっぱいの荷物を積み込み実家に持って帰りました。

それから10か月くらい別居生活をしていて、妻とは本当に必要なことだけLineでやりとりを
する程度でしたが子供とはだいたい休日には会っていました。

そんな生活を送って一年が過ぎ、もう夫婦関係の修復は無理だと思い離婚を決意しました。
子供には本当に申し訳ないと思いましたがこのままではいけないと思いました。

つづく...

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です